FashionStudies®×ファッション文化研究会
Think of Fashion 061
フォルチュニを読み直す

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」を受けて

講師:阿佐美淑子(三菱一号館美術館主任学芸員)筒井直子(京都服飾文化研究財団キュレーター)

2019年8月18日(日)15時開催

軽くてしなやかな「デルフォス」(繊細なプリーツを施した絹のドレス)で知られるマリアノ・フォルチュニ(1871-1949)の展覧会「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」が東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催されています。

この展覧会は、フォルチュニによるファッションと染織デザインの作品を中心に、彼の知られざる仕事、すなわち、絵画、版画、舞台美術、舞台照明、写真、照明器具デザインなどとの関係性に焦点を当てるものとなっています。

その開催を受けて、FashionStudies®では、担当学芸員の阿佐美淑子さんと、 フォルチュニのドレスを所蔵している京都服飾文化研究財団キュレーターの筒井直子さんのお二人と、フォルチュニを読み直す試みを行っていきます。

皆さまのお越しをお待ちしております。
   

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」は三菱一号館美術館にて7月6日(土)〜10月6日(日)まで開催。詳細は特別サイトhttps://mimt.jp/fortuny/にて。

※先着10名の方にこの展覧会の招待券をお渡しいたします。

   

講師プロフィール

阿佐美淑子(あさみよしこ)
三菱一号館美術館主任学芸員。神奈川県立近代美術館、東京芸術大学大学美術館、北九州市立美術館を経て2007年より現職。専門は染織、服飾を中心とする東西交流史、文様史。主たる担当展覧会に「田園讃歌 近代絵画に見る自然と人間」展(2007年)、「三菱が夢見た美術館」展(2010年)、「KATAGAMI Style」展(2012年)、「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展(2019年)ほか。

筒井直子(つついなおこ)
2000年より京都服飾文化研究財団(KCI)に勤務。キュレーター。「Elegance and Splendour of Art Deco」展(2016年~17年、モスクワ・クレムリン美術館)など国内外の展覧会企画に携わる。司書、教育普及を兼務。広報誌『服をめぐる』編集、文献資料の研究、収集、保存を担当。

   

日時

2019年8月18日(日)15時~17時

会費

一般 前売2,500円(Peatixにて)当日3,000円 
大学生・専門学校生 前売1,500円(Peatixにて)当日2,000円
中学・高校生 無料
※先着10名の方に 「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」 の招待券をお渡しいたします。

会場

スパイラルルーム(スパイラル9F)※スパイラル館内のエレベーターで9階までお上がりくださいませ。
東京都港区南青山5-6-23 地下鉄表参道駅 B1、B3出口すぐ  https://www.spiral.co.jp/access

お申し込み先

お申し込みはこちらから
お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Think of Fashion 061 の件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org
※当日券は、会場にて承っております。
※注意事項 当日は記録・広報等のためトークの模様を映像で記録し、後日ウェブ上にて公開予定です。あらかじめご了承ください。

   

Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
Think of Fashion 061 フォルチュニを読み直す「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」を受けて
主催:FashionStudies®
共催:ファッション文化研究会
協力:三菱一号館美術館
企画:篠崎友亮(FashionStudies®