Rakuten Fashion Week TOKYO 関連イベント
FASHION MANU FACTURE オンライン#01

日本の伝統工芸と文様

登壇者:登壇者:生駒芳子(ファッション・ジャーナリスト)筧菜奈子(美術・装飾史研究者/作家)

2021年3月20日(土)15時開催

FashionStudies®は、Rakuten Fashion Week TOKYO期間に、ファッションビジネス学会+10Y研究部会と共催で、日本のファッションウィークにちなんで、日本の文化に触れるトークを企画しました。「日本の伝統工芸と文様」をめぐるトークをこのお二方をお呼びして、開催します。日本の文様には、日本の美意識が宿っています。日本のファッションウィークの合間に、日本の美の話に耳を傾けてはいかがでしょうか?

Read More

FASHION MANU FACTURE 006

繊維産地の今とこれからを考える

小島日和(terihaeru代表) 宮浦晋哉(株式会社糸編 代表)

2017年12月24日(日)14時

日本で生産されるテキスタイルは世界で高い評価を受けていることは、ファッション業界では周知の事実であり、誇らしいことでもあります。しかしながら、生産拠点である産地においては、生産者の高齢化の問題、生産拠点の海外移転等の問題があり、ものをつくる現場である産地自体が日本国内に残ることができるかの瀬戸際に立たされています。そのような状況の繊維産地に、現在、20代~30代の若手が入り、少しづつですが、状況を打開する動きが出てきています。今回のFASHION MANU FACTUREでは、繊維産地の今とこれからを考えるために、若い担い手の中心にいると言っても過言ではないお二人をお招きします。

Read More

FASHION MANU FACTURE 005

小松精練の「シーズ」クリエーション

講師:宮元 むつ子(小松精練株式会社)

2017年6月10日(土)14時開催

小松精練は特別な技術や材料である「シーズ」を糧に商品を開発し続け、世の中に新しい価値を提供しています。今回お招きする宮元むつ子さんは、この小松精練のシーズ開発のコアとなって、活躍されてきました。どのように新しい価値を生み出す商品を開発されてこられたのでしょうか?こうした視点から、今回いくつかの事例をお話ししていただきます。

Read More

FASHION MANU FACTURE 004

古橋織布の素材開発と海外販路開拓

講師 : 西井佳織理 濵田美希 (古橋織布有限会社)

2016年7月16日(土)14時開催

江戸時代から綿織物の産地として知られる遠州地方から海外でも高い評価を得ている古橋織布有限会社の若い世代の西井佳織理さん、濵田美希さんをお招きして、テキスタイルの開発や、デザイナーとの協働の取り組み、また、どのように海外との取引を増やせたのか(西井さんが海外営業を担当。)など、さらに西井さん、濵田さんら産地の若い世代が取り組んでいることや、これからの夢などをお話していただきます。

Read More

FASHION MANU FACTURE 003

ボタニカルダイの作成者 菱川恵介さんが考えていること

講師:菱川恵介(株式会社シオンテック代表)

2016年4月16日(土)14時開催

現在、日本の繊維業界は大変厳しい時をむかえています。長年、繊維技術と格闘してきたシオンテックの菱川さん(ボタニカルダイの作成者)にこれからの時代、どのように戦って行ったら良いのかを、お話していただきます。

Read More