FashionStudies®×WORLD
さすてなぶるファッション™ 010

ファッションのシェアリングとサステナビリティ

登壇者:天沼聰(エアークローゼットCEO)児玉昇司(ラクサス・テクノロジーズCEO)松﨑あさこ(アダストリア・イノベーションラボ)
モデレーター:松下久美(ファッションビジネス・ジャーナリスト)

2020年3月18日(水)19時開催

ファッションのシェアリングサービスで注目を集める企業の方々をお呼びして、モデレーターにファッションビジネス・ジャーナリストの松下久美さんを迎え、ファッションのシェアリングサービスの現状(海外の事例のご紹介も)と、日本においてはこれからどうなるのか、サステナブル(持続可能)な社会へ、ファッションのシェアリングサービスはどのように貢献していくのか、などをテーマにしたトークセッションを開催いたします。

Read More

FashionStudies®×FB学会FashionGood研究部会
さすてなぶるファッション™ 009

ファッションに選択肢を!!
サステナブルファッションセレクトショップ Enter the E の挑戦!!

登壇者:植月友美(Enter the E 代表)

2020年2月3日(月)19時開催

「服を楽しみながら、人や環境負荷の少ない選択肢を増やせたら」そんな想いでEnter the Eを立ち上げたと植月氏は話します。大半のブランドが日本未上陸という、まさに選択肢を創出するEnter the Eの代表である植月氏をゲストにお招きし、選択肢の創出がどう社会を変えていくのか考えたいと思います。

Read More

FashionStudies®×WORLD
さすてなぶるファッション™ 008

ファッション産業のロスをどう解決するのか?「オフプライスストア」の可能性

登壇者:齊藤孝浩(ディマンドワークス代表/ファッション流通 在庫最適化コンサルタント)原田宜和(G・B・J シニアマネージングディレクター 執行役員)

2019年12月19日(木)19時開催

日本では、今年の9月にアパレル企業が手掛けるオフプライスストア第1号店「&Bridge」が、ワールドとゴードン・ブラザーズ・ジャパンの共同出資により、西大宮にオープンしました。他業界でもこの業態を手掛けており、日本においても広がりつつあります。今後、日本において、オフプライスストアがどのような発展を遂げるのでしょうか?そして、この業態は、ファッション産業のロスを解決するのでしょうか? この会では、これらの可能性を探ります。

Read More

FashionStudies®×WORLD
さすてなぶるファッション™ 006

多様性とは?LGBTQを学ぶ、ファッションの観点からも
(トークセッション+ 映画「愛と法」上映)

登壇者:永田龍太郎(渋谷区ダイバーシティ推進担当課長)安達功(LGBTQを応援するプロジェクト「スネイルズ」)児玉智美(映画「愛と法」1000人上映会プロジェクト)
モデレーター:山口大人(MASATO YAMAGUCHI DESIGN OFFICE)

2019年10月27日(日)14時開催

多くの地方自治体で、多様性を、お互いに尊重し、認め合い、活かしあう(ダイバーシティ&インクルージョン)社会を実現し、誰もが能力を発揮でき生きやすい地域社会を目指す取り組みが始まっています。

その中でも、渋谷区を中心に毎年開催されている「TOKYO RAINBOW PRIDE」では年々参加企業や団体が増え、今年度は20万を超える動員数となっています。当事者以外の来場者も増えている状況は、社会に認知され馴染んできていると言えます。

このような社会状況を受けて、FashionStudies®︎は、「多様性とは? LGBTQを学ぶ、ファッションの観点からも」をテーマとしたトークセッションと映画の上映を行う会を企画しました。

Read More

FashionStudies®×WORLD
さすてなぶるファッション™ 007

大量廃棄社会にどうファッション産業は向き合っていくのか?を考えたい

登壇者:仲村和代(朝日新聞 記者)藤田さつき(朝日新聞 記者)

2019年11月7日(木)19時開催

昨年、バーバリーが約42億円分の売れ残り商品を焼却処分したと大きく報じられ、アパレルの廃棄問題が顕在化しました。この廃棄問題は日本にも飛び火し、日本でも広く知られる問題となりました。日本では推計で年間10億点ものアパレル商品が廃棄されているとも言われています。このような社会状況への問題提起として、『大量廃棄社会、アパレルとコンビニの不都合な真実』という本をファッションが専門ではない二人の記者が書きました。専門ではないゆえに、率直な描写かつ提案が書かれています。 その著者のお二人をお招きし、ファッション産業としてこの問いにどう向き合っていくのかを考える会を企画しました。

Read More