Think of Fashion 053

編集と写真 #01
女性ファッション誌における紙面作りの変遷と実践

講師:伊藤操(「ハーパス・バザー日本版」元編集長)調文明(写真批評家/写真史研究者)

2018年10月6日(土)14時30分

53回目のThink of Fashionは、「ハーパス・バザー日本版」元編集長の伊藤操さん、写真批評家/写真史研究者の調文明さんを講師に迎えます。

調さんからは、ハーパス・バザー、ヴォーグを中心に歴代の名物編集長によるファッション誌の紙面作り、ファッション写真の変遷、歴史をお話ししていただき、伊藤操さんからは、ハーパス・バザーの紙面を作るうえでのページのつくり方、ファッション写真の役割、ファッション写真家をどのように選定したのかの実践をお話ししていただきます。

また、お二方に今後のファッション誌における編集と写真の方向性もお話ししていただきたいと思っております。

皆さまのお越しをお待ちしております。

   

講師プロフィール

伊藤操
繊研新聞元ニューヨーク通信員/「ハーパス・バザー日本版」元編集長/作家/アートプロデューサー
1971 年、明治大学文学部演劇学科卒業。1973 年、サン・デザイン・スクール スタイリスト科卒業。1973-1982 年、フリーランスのスタイリストとして雑誌、テレビ、CM分野で活動。1982-2001年、ニューヨークでファッション・ジャーナリスト、繊研新聞社のチーフ・コレスポンデントとして活動。寄稿した雑誌:「マリークレール」、「エル」、「GQ」、「エスクァイア」、「フィガロ」等。2001-2006 年、「ハーパース・バザー日本版」編集長
現在は、ライター、アート、ファッション、ビューティのプロデュサーとして活動。SULA NYC 米国本社のアドバイザー。
著作 「ティナの贈りもの」(TBS ブリタニカ)1994 年,「Manage-ダナ・キャランを創った男、滝富夫」(扶桑社)2001 年,「私をみつけて」(ILM)2008 年,「あなたを待ちながら」(電子書籍日本語版、英語版)(クリーク・アンド・リバー社),2013「NY失恋MAP」〔電子書籍〕(クリーク・アンド・リバー社)2017

調文明
写真批評家/写真史研究者
1980年、東京生まれ。日本女子大学/東京工芸大学ほか非常勤講師。専門は写真史・写真論・視覚文化論。『アサヒカメラ』『日本カメラ』『写真画報』『PHaT PHOTO』『STUDIO VOICE』などで執筆。論文に「A・L・コバーンの写真における都市表現――三つのニューヨーク・シリーズを中心に――」(『美学芸術学研究』東京大学美学芸術学研究室、2013年)、「御真影と『うつし』」(『かげうつし――写映・遷移・伝染――』京都市立芸術大学@KCUA、2013年)、「ジェフ・ウォール――閾を駆るピクトグラファー」(『写真空間4』青弓社、2010年)など。『ハーパーズ・バザー』2018年9月号で「日本の今を切り取る新世代フォトグラファー」を寄稿。

   

日時

2018年10月6日(土)14時30分~16時

会費

一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円 
学生 前売2,000円(Peatixにて) 当日2,500円
中学・高校生 無料

同日17時開催のSOuDAN #018 ファッションモデルのウェルビーイングとのセット券も設定しました。
SOuDAN #018 http://fashionstudies.org/studies/soudan-018/
SOuDAN #018 セット券 一般 前売5,000円(Peatixにて)
SOuDAN #018 セット券 学生 前売3,000円(Peatixにて)

会場

TURN harajuku
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-33-14 神宮ハイツ 1F-201
URL: https://turn.tokyo/

お申し込み先

お申し込みはこちらから
お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Think of Fashion 053 編集と写真 #01の件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org
※当日券は会場にて承っております。

   

Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
Think of Fashion 053 編集と写真 #01 女性ファッション誌における紙面作りの変遷と実践
主催:FashionStudies
企画:篠崎友亮(FashionStudies)