Think of Fashion® 特別編

パリの息子 髙田賢三

講師:菊田琢也(ファッション研究者)
出演者:宮智泉(読売新聞東京本社編集委員)萩原輝美(ファッション・ディレクター)

2021年7月2日(金)18時30分 開催

FashionStudies®は、デザイナー 髙田賢三さんのお仕事を振り返る会を2021年7月2日(金)にフィジカル(会場)、オンライン同時に開催します。CARATO71PROJECT WORKSHOP運営委員会との共催になります。

髙田賢三さんは、1970年にパリにブティックをオープンし、瞬く間にパリコレを代表するトップデザイナーになりました。

昨年2020年10月の髙田賢三さんの突然の訃報に接し、アンヌ・イダルゴ パリ市長は、『賢三氏の死を知り、とてつもない悲しみを覚えています。なんと素晴らしいクリエイターだったのでしょう!彼はモードにおいて色と光に居場所を与えました。パリは今日、息子を失ったことを悼んでいます。彼の家族、友人、そして彼を愛したすべての人に思いを寄せます』(引用 アンヌ・イダルゴ パリ市長Twitter フランス大使館訳 )と語りました。

パリ市長から、「パリの息子」とまでに称された髙田賢三さん、なぜ髙田賢三さんがそこまで、パリに愛されたのかを、昭和女子大学専任講師でファッション研究者の菊田琢也さんによる髙田賢三さんの講義と、髙田賢三さんを取材されてきた読売新聞の宮智泉さん、ファッション・ディレクターの萩原輝美さんのフリートークの二本立てで振り返ります。

髙田賢三さんは「夢」という言葉が好きでした。「夢」をもってこれからファッションの仕事をしたいと思っている皆さまに是非ともご参加していただきたいです。(もちろんファッションの仕事をしている方々のご参加もお待ちしております。)

皆様のお越しをお待ちしております。

髙田賢三さんが発起人となり、2013年から世界各地で続けられてきた「起き上がりこぼしプロジェクト」のご紹介も行います。

   

講師プロフィール

菊田琢也(きくたたくや) ファッション研究者
昭和女子大学環境デザイン学科専任講師。被服環境学博士。専門は文化社会学、近現代ファッション史。大学で教鞭を執るほか、パリコレクションなどの取材を継続して行なっている。主な著書に、『相対性コム デ ギャルソン論』(共著、フィルムアート社、2012)、『ファッションは語りはじめた』(共著、フィルムアート社、2011)、「女性にパンタロンを: イヴ・サンローランと1968年」(『人文学報』、東京都立大学、2019)、「キキはなぜ黒いワンピースを着るのか:スタジオジブリとファッション」(『学苑』、昭和女子大学、2021)など。
https://gyouseki.swu.ac.jp/swuhp/KgApp?kyoinId=ymdmgmgdggy

   

出演者プロフィール

宮智泉(みやちいずみ) 読売新聞東京本社編集委員。
1985年、読売新聞社入社。四半世紀にわたり生活面に携わり、中でもファッション担当として、日本のみならずパリやミラノ、ニューヨークのコレクションやデザイナーなどを数多く取材。
読売新聞朝刊の連載「時代の証言者」で髙田賢三さんを取り上げた。(こちらは27回にわたる連載となりました。)
著書に、山本耀司さんを描いた『服を作るーモードを超えて』(中央公論新社刊)。

萩原輝美(はぎわらてるみ) ファッション・ディレクター
毎シーズン、ミラノ、パリなど世界のデザイナーコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムを寄稿する。大学、専門学校の各種セミナー講師、デザインコンテスト審査員を務める。エレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評があり、セレクトショップのプロデュースも手がける。最近は着物にも関心を広げ、ファッションと同じように日常にとり入れる企画、提案をしている。趣味は乗馬。
http://hagiwaraterumi-bemode.com/

   

日時

2021年7月2日(金)18時30分から20時30分ごろまで

会費

フィジカル(会場)
一般 前売1,800円(Peatixにて)当日2,000円
大学生・専門学校生 前売800円(Peatixにて)当日1,000円
中学・高校生 無料  

オンライン
一般 1,800円(Peatixにて)
大学生・専門学校生 800円(Peatixにて)
中学・高校生 無料  

会場

フィジカル(会場) カラート71 (東京都渋谷区鉢山町13-7) http://www.carato71.co.jp/access/index.html
※コロナウィルス感染予防から座席を前後の間隔を空けて設置。参加人数先着30名限定

オンライン ZOOMのウェビナーを使用

お申し込み先

フィジカル(会場) お申し込みはこちらから
オンライン お申し込みはこちらから

お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Think of Fashion™ 特別編 パリの息子 髙田賢三の件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org

※また当日の講座の様子はFashionStudies®の動画サイト(開設中)での公開は検討中です。ただし、公開できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※※注意事項 当日は記録・広報等のためオンライン講座の模様を映像、写真で記録し、後日ウェブ上にて公開予定です。あらかじめご了承ください。

   
【コロナウィルス感染予防の対策について】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意いただいたとさせていただきます。)
・座席は前後の間隔を空けて設置し、参加人数を先着 30 名に限定させて頂きます。
・参加される方はマスク着用や手洗い等、感染予防にご配慮下さいますようご協力お願い申し上げます。当日、発熱等の症状がある方、体調がすぐれない方は参加をお控え下さい。
・今後のコロナウイルスの感染状況や政府方針等で予定変更する可能性がございます。その際は随時メール、HP 等でお知らせ致します。予めご理解・ご協力下さいますようお願い申し上げます。
・会場の入場時には、検温、消毒をさせていただきます。検温時、発熱症状がある方のご入場は控えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

   
【オンライン講座 ご参加に伴う注意事項】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意いただいたとさせていただきます。)
・ZOOMの使用方法・操作方法については、本イベントではサポートできません。
・ZOOMインストールなどを起因とするPCトラブルなどは保証しかねますので、自己責任のもとご使用ください。
・オンライン講座は、開催時間外は視聴できませんので、予めご了承ください。
・インターネット接続環境が必須となります。ご利用のネットワーク環境によっては、映像が鮮明に見れない可能性がございますので、ご容赦ください。
・パソコンの場合はカメラ、マイク機能がついたもの、スマートフォンの場合は事前にアプリのインストールが必要です。
・講座にご参加頂けるURLを他の方に知らせたり、SNS、ネットなどで公開しないようお願いします。
・オンライン講座の様子は写真や映像で記録させて頂きます。記録は提携メディアなどでレポートとして掲載致します。
・オンライン講座の録画・録音、画面をスクリーンショットや撮影等をすることはご遠慮ください。

   
Think of Fashion®は人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
Think of Fashion® 特別編 パリの息子 髙田賢三 
主催:FashionStudies®︎
共催:CARATO71PROJECT WORKSHOP運営委員会
協力:桝井論平事務所 
企画:篠崎友亮(FashionStudies®︎

   
FashionStudies®︎とは、ファッションを体系的に学ぶ「場:STUDIES」と、強度のあるファッション情報を発信する「メディア:MAGAZINE」を企画運営しております。http://fashionstudies.org/about/

FashionStudies®︎は、YouTubeチャンネルを開設しました。
「YouTubeチャンネル FashionStudies Official https://www.youtube.com/channel/UC1xd23Bzn-KZPJwNqNXjH_g」是非ともチャンネル登録をお願い致します。