Think of Fashion 057

日本におけるモードとモード誌
書籍『モード誌クロノロジー』から読み解く

講師:横井由利(跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科准教授)

2019年1月13日(日)15時開催

57回目のThink of Fashionは、書籍『モード誌クロノロジー』の著者の横井由利氏を招き、日本における欧米ファッションの受容を読み解いていきます。

講師の横井氏は、「モード」という言葉をこの著書で、日本においては、ハイブランドや欧米との関連性が漂う特別なものとして用いています。今回の講座は、著者がモード誌と呼ぶ欧米のライセンスマガジンが日本のファッションシーンにもたらした影響をお話ししていただきます。

・『アン・アン/エル・ジャポン』以前と以後では?
・『エル・ジャポン』とフレンチシック
・日本版『ヴォーグ』の創刊がもたらしたものは?
・デジタル化の波によるモード誌の未来
など。

近年、ファッション研究の分野では、欧米中心のファッション史の相対化の必要性が認識されています。そのなかで横井氏のこの著書で書かれたことは、まさに日本における欧米ファッションの受容史として重要な知見となるものです。

皆さまのお越しをお待ちしております。

   

講師プロフィール

横井由利
跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科准教授
明治学院大学社会福祉学科卒業後、イヴ・サンローラン リヴゴーシュ西武入社。日本版『マリ・クレール』のフリーランス・ファッションエディターから、『エル・ジャポン』エディターを経て、日本版『GQ』創刊のため中央公論社に入社。後に、日本版『ハーパーズ・バザー』のモード副編集長を務めた。2015年4月より現職。

北樹出版 書籍『モード誌クロノロジー』のサイトはこちら

   

日時

2019年1月13日(日)15:00~17:00

会費

一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円
学生 前売2,000円(Peatixにて) 当日2,500円
中学生・高校生 500円 (Peatixにて) 当日500円

会場

スパイラルルーム(スパイラル9F)
※スパイラル館内のエレベーターで9階までお上がりくださいませ。
東京都港区南青山5-6-23 地下鉄表参道駅 B1、B3出口すぐ http://www.spiral.co.jp/a_map/

お申し込み先

お申し込みはこちらから
お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Think of Fashion 日本におけるモードとモード誌の件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org
※当日券は会場にて承っております。

   

Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
Think of Fashion 057 日本におけるモードとモード誌
主催:FashionStudies
企画:篠崎友亮(FashionStudies)