Think of Fashion 055

アーヴィング・ペンとインスタグラム
ファッション写真から、インスタグラム=デジタル写真への影響を紐解く

講師:きりとりめでる(『インスタグラムと現代視覚文化論』編著・共訳者)

2018年11月23日(祝・金)15時開催

ファッションの魅力を伝えるために、たくさんの写真が生まれてきました。その中でも、1943年から『ヴォーグ』で働き始めたアーヴィング・ペンの写真は、多くの写真家たちへ影響を与えています。

今日、写真を撮影し発信することは特定のマスメディアだけでなく、インスタグラムをはじめとしたSNSによっても広く行われています。インスタグラムで共有される写真は、「カジュアル写真」、「プロフェッショナル写真」、「デザイン写真」という3つに分類できますが、そのうちの一つである「デザイン写真」にはペンをはじめとしたファッション写真の影響が強く認められます。

しかしなぜ、「デザイン写真」はペンなどを端緒とするファッション写真からの影響を強く受けることとなったのでしょうか。

多くの写真家や、現在インスタグラムに投稿される写真が、ペンからどのような影響を受けたのかを紐解いていくことで、インスタグラムやファッションを媒体する写真のいま・これからについて考えていきます。

2018年に刊行した話題の書籍『インスタグラムと現代視覚文化論』編著・共訳者の一人の、きりとりめでるさんが講師を務めます。

皆さまのご参加お待ちしております。

大学生、専門学校生はもちろん、中学生、高校生のご参加も大歓迎です!

   

登壇者プロフィール

きりとりめでる
1989年生まれ。デジタル写真論の研究を中心に、現代美術の展覧会企画や同時代の美術と並走する冊子「パンのパン」の編集・発行を個人で行なう。久保田晃弘との共訳編著『インスタグラムと現代視覚文化論』(ビー・エヌ・エヌ新社)が2018年に刊行された。最近の仕事に「二〇一〇年代、セルフィーもいいけどフーディーもね」『ユリイカ 詩と批評 2018年7月号』(青土社)など。

   

日時

2018年11月23日(祝・金)15:00~16:30

会費

一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円
学生 前売2,000円(Peatixにて) 当日2,500円
中学生・高校生 無料

会場

スパイラルルーム(スパイラル9F)
※スパイラル館内のエレベーターで9階までお上がりくださいませ。
東京都港区南青山5-6-23 地下鉄表参道駅 B1、B3出口すぐ http://www.spiral.co.jp/a_map/

お申し込み先

お申し込みはこちらから
お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Think of Fashion アーヴィング・ペンとインスタグラムの件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org
※当日券は会場にて承っております。

   

Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
Think of Fashion 055 アーヴィング・ペンとインスタグラム
主催:FashionStudies
企画:篠崎友亮(FashionStudies)