装談 015

Tokyo Fashion Dialogos #01
「記録と記憶」

ゲスト:青木正一(ストリート編集室/レンズ株式会社代表)
案内役:芳野まい(東京成徳大学経営学部 准教授 他)

2017年4月16日(日)17時開催

Tokyo Fashion Dialogosは、マルセル・プルーストの研究で知られる芳野まい氏を案内役に、多彩なゲストとの対話を通じて、ファッションへの思考を深めていく会です。

第1回目のゲストはストリート編集室の青木正一さん。青木さんは『STREET』や『FRUiTS』といった国内外のストリートファッションを紹介する雑誌を手掛け、そのムーブメントを精彩に記録してきました。特に1996年に創刊された『FRUiTS』は、原宿に集まる若者たちのファッションにフォーカスすることで、国内外において広く注目されることに。昨年12月をもって紙媒体による月間発行を終了したというニュースは記憶に新しいところですが、その20年間の歴史において何を記録してきたのでしょうか。

まず最初に、「記録」と「記憶」を考える際の古典といわれるマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を芳野氏が紹介。それをきっかけに、2人の対話が始まります。

参加者の皆さまとも対話を重ね、知識と思考を集合的に深めていく会にしたいと思っています。Tokyo Fashion Dialogosでの知的な思考の交流を、お楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

ゲストプロフィール

青木正一(ストリート編集室/レンズ株式会社代表)
1955年、東京生まれ。1985年にロンドン、パリなど海外のストリートファッションを紹介する雑誌『STREET』を発行。同誌はファッションスナップの先駆けとなる。その後、1996年に『FRUiTS』、2004年に『TUNE』を発行し、東京の若者たちのファッションを継続的に記録している。現、ストリート編集室/レンズ株式会社代表。http://www.street-eo.com/

案内役プロフィール

芳野まい
フランス20世紀初頭の作家マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を読み、フランス語・フランス文学の研究を志す。小説・映画の中のファッションについて研究。東京成徳大学経営学部 経営学科ファッションビジネスコース 准教授。 一般財団法人セゾン現代美術館 /主席研究員・理事。 NHKフランス語講座「ファッションをひもとき、時を読む」講師。

*dialogos 対話 たいわ
広義には2人以上の人物間の思考の交流をいい、広く文学的表現法として用いられるが、特に哲学では問答によって哲学的主題を追究していく形式。プラトンをはじめ、古代ギリシア・ローマ哲学で用いられ、中世、近世でも、宗教、政治、経済などの論争的思想の表現として対話形式がとられた。(「コトバンク ブリタニカ百科事典」より)

   

詳細

日時

2017年4月16日(日)17時~18時30分

会費

一般 3,000円(Peatixにて) 当日3,500円  学生 1,000円(Peatixにて) 当日1,500円 

会場

スパイラルルーム(スパイラル9F)
東京都港区南青山5-6-23 地下鉄表参道駅 B1、B3出口すぐ

お申し込み先

お申し込みはこちらから
お申し込みはPeatixにて承っております。
※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「Tokyo Fashion Dialogos #01の件」と明記していただき、
下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org

   

Tokyo Fashion Dialogosは装いに関するトピックスを語る会「装談」の1シリーズです。
装談 015 Tokyo Fashion Dialogos #01
「記録と記憶」
主催:Fashion Studies
協力:スパイラルスコレー

企画:篠崎友亮(Fashion Studies)

Fashion Studies
http://fashionstudies.org/

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook