Fashion y 010

「GQ JAPAN」ウェブ・エディターのお仕事

ウィンサム・リー(Winsome Li) コンデナスト・ジャパン 「GQ JAPAN」ウェブ・エディター

2016年10月27日(木)19時30分

※学生限定

Fashion y は、毎月一回、木曜日の夜、ファッション業界で働きたい学生、 働きたいかもしれない学生と、ファッション業界をつなぐトークイベントです。

第10回目はコンデナスト・ジャパン 月刊誌「GQ JAPAN」ウェブ・エディターのウィンサム・リーさんをお招きしましてご自身のお仕事のことをお話していただきます。

当日は、ウェブ・エディターの具体的な内容から、仕事の醍醐味、どんなスキルが求められるかなどなど、もちろん、学生時代にしておくべきことについてもお話していただきます。

皆さまのご参加お待ちしております。

登壇者プロフィール

ウィンサム・リー(Winsome Li)
香港出身。2009年文化服装学院のファッションビジネス科を卒業。
その後、ロンドンのウエストミンスター大学でファッションマネジメントの修士課程を取得。
卒業後、日本のアクセサリーブランドで海外営業の経験をむ。
2012年にライフスタイルマガジン「OPENERS」のファッション・エディターでファッション・エディターとしてのキャリアをスタート。
2016年、コンデナスト・ジャパンに入社。同社が運営する月刊誌「GQ JAPAN」ウェブ・エディターを務める。

◆これまでのテーマとゲストスピーカー

・百貨店のお仕事(都内有名百貨店社員)
・ブランドビジネスのお仕事(ブランドPR(外資系専門商社ブランドPR担当)
・デザイナーの仕事(エルザ・ウィンクラー中井英一朗さん)
・ファッション記者のお仕事(繊研新聞記者五十君さん)
・販売のお仕事(都内大型スペシャリティ・ストア店長)
・アパレルマーケティングの仕事(株式会社プレール瀬野さん) 
・スタイリストのお仕事(スタイリスト南拓子さん) 
・専門アパレルのマーチャンダイジングとは(東京ソワール マーチャンダイザー 伊東さん)
・プレスのお仕事とは(株式会社JUN マーケティング&コミュニケーション部 部長 久保まゆみさん)

◆◆参加者の声

・企業のホームページや、合同説明会、経営者の講演では分からない情報を知ることができ、就職活動でもライバルとの関係で優位に立てそうです。
・ 自社のブランドをPRする方、ジャーナリストの方、両方の話が聞けたのは、とても 参考になりました。

詳細

日時

2016年10月27日(木)19時30分~20時45分

会費

無料 

会場

文化服装学院 B館12階 B125講義室
〒151-8522 東京都渋谷区代々木 3-22-1 アクセスはこちら 

お申し込み先

contact@fashionstudies.org
「Fashion y 010」への参加の旨とお名前、ご連絡先(メールアドレス)、学校名、を明記してお申し込みお願いします。ご質問がある方は、あわせてご明記くださいませ。

   

学生とファッション業界をつなぐ場「Fashion y」 
主催:Fashion Studies
共催:文化学園国際ファッション産学推進機構
協力:繊研新聞社 センケンjob新卒文化服装学院READY TO FASHION
   

※「ファッション業界で働きたい」という学生が増えて欲しいという思いから、この業界で活き活きと働いている先輩から仕事の面白さ、醍醐味を学生にむけて伝える機会を作れば「ファッション業界で働きたい」という学生が増えるのではないかと考え、学生とファッション業界をつなぐ場である「Fashion y」をはじめました。 Fashion Studies 篠崎友亮

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook