座学020

2023年春夏 東京コレクションを振り返る

2022年10月29日(土)15時開催

※アーカイブ視聴 期間中(〜3月31日)好きな時間に視聴可能になります。

「東京コレクションを振り返る会」は、2013年10月にスタートした、「東京ファッションのいま・ここを共有したい!」という思いから始動したファッションプロジェクトです。今回で19回目を迎えます。広く一般の方に東京のファッションを知っていただくという思いからこの会を開催しております。

Read More

Think of Fashion® オンライン ♯07
ファッションビジネス学会+10Y研究部会共催

「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」展から

講師:千葉真智子(豊田市美術館学芸員)平芳裕子(神戸大学大学院 准教授)

2022年8月25日(木)19時30分開催

※アーカイブ視聴実施中 期間中(〜2023年3月31日)好きな時間に視聴可能になります。

豊田市美術館、島根県立石見美術館、東京都庭園美術館で開催の「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」展は、1910年代から30年代にかけてのフランス、ドイツ、オーストリア、日本のデザインの動向を紹介する展覧会です。モダンデザイン、装飾芸術、ファッションを一堂に集め、国やジャンル、時代を超えたそれらの関わりに焦点を当てています。今回のオンライン講座は、この展覧会を企画された千葉真智子さん(豊田市美術館学芸員)から企画の主旨となる本展覧会カタログの論考『交歓するモダン』のお話と、平芳裕子さん(神戸大学大学院 准教授)から同カタログに寄稿された論考『シャネルの近代-ファッションをめぐる機能と装飾』のお話の2本立てになります。

Read More

装談®|SOuDAN オンライン ♯10
ファッションビジネス学会+10Y研究部会共催

日本企業のメタバース活用 伊藤忠インタラクティブの事例から

講師:⼟居充(伊藤忠インタラクティブ株式会社 プロデューサー)

2022年10月26日(水)19時開催

メタバースというワードを聞かない日はなく、ここ最近のトレンドワードの一つといえるのではないでしょうか。 コロナ禍に見舞われた2021年から伊藤忠インタラクティブでは簡単にメタバース空間を構築できるウェブサービス「VR VENUE」を展開しています。そのサービスを担当している伊藤忠インタラクティブ株式会社プロデューサー土居充氏から、同サービスを導入した企業の事例をご紹介していただきます。繊維メーカー、シューズメーカー、総合商社、保険会社、大学、不動産等が既に同サービスを導入しています。

Read More

装談®|SOuDAN オンライン ♯09

メタバース、NFTとファッション
MetaTokyoの事例から

登壇者:鈴木貴歩(MetaTokyo株式会社 代表取締役 CEO)青木正一(写真家)
聞き役:長谷川陽子(朝日新聞文化部ファッション担当記者)篠崎友亮(FashionStudies®主宰)

2022年8月12日(金)19時開催

※アーカイブ視聴実施中 期間中(〜2023年12月31日)好きな時間に視聴可能になります。

NFTを活用したオープン・メタバース内にグローバル文化都市「MetaTokyo」の開発を行うプロジェクトをアソビシステム株式会社、Fracton Ventures株式会社と共同で立ち上げた鈴木貴歩さん。TOKYOのカルチャーを代表する雑誌『FRUiTS』『STREET』で世界的に有名な写真家である青木正一さん、青木さんは、いち早く『FRUiTS』創刊号に掲載されたストリートスナップをNFTとして売り出し、話題を集めました。今回はこのお二方をお招きして、今後、ファッション界がどのようにメタバース、NFTの時代に向かっていけばいいのかを、MetaTokyo、青木さんの写真のNFTを通して考えていきます。

Read More

Think of Fashion® オンライン ♯06
ファッションビジネス学会+10Y研究部会共催

NIGO®のクリエイティビティ

講師:井伊あかり(文化学園大学 准教授)

2022年6月30日(木)19時開催

※アーカイブ視聴実施中 期間中(〜2022年12月31日)好きな時間に視聴可能になります。

A BATHING APE®の創設者であるNIGO®氏は、1990年代の裏原宿ムーブメントを牽引し、UTのクリエイティブ・ディレクターを務めるなど、日本ファッションのキーパーソン的存在です。そのNIGO®氏が「KENZO」のアーティスティック・ディレクターに昨年(2021年)の9月に就任し、ファッション界の一躍時の人となりました。NIGO®氏による「KENZO」でのデビューショーは、1970年にKENZO創始者の髙田賢三氏が最初の店舗を構えた思い出の地であるパリのギャラリー・ヴィヴィエンヌで開催され、ショーの最後に登場したNIGO®氏が着用したコーチジャケットの背中には「KENZO」の文字がありました。これからの「KENZO」を背負っていく思いがひしひしと伝わるショーでした。そうしたNIGO®氏のこれまでの軌跡を振り返ります。講師は書籍『ファッションは語りはじめた』にてNIGO®論を執筆した井伊あかり氏が務めます。

Read More